かんろぐ Written by kan

【解決】Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_fix_server_vars() と表示された時の対処法

CODE WordPress

人気記事【無料サポート付】サーバー開設からWordPressの始め方をサポート


エラーが出て苦戦している人

「Fatal errorが出て対処法が分からない。英語が多すぎて解読が全然出来ない、、。」

本記事ではこんなお悩みを解決します。

実際にエラーが表示された内容としては、下記になります。

エラー文

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_fix_server_vars() in /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-settings.php:76 Stack trace: #0 /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-config.php(95): require_once() #1 /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-load.php(50): require_once(‘/home/xs877359/…’) #2 /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-blog-header.php(13): require_once(‘/home/xs877359/…’) #3 /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/index.php(22): require(‘/home/xs877359/…’) #4 {main} thrown in /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-settings.php on line 76
Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_get_server_protocol() in /home/xs877359/実際のUrlが入ります/public_html/wp-includes/functions.php:1412 Stack trace: #0 /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-includes/functions.php(3524): status_header(500) #1 /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-includes/functions.php(3471):_default_wp_die_handler(‘div class=”wp-…’, ‘WordPress &rsaq…’, Array) #2 /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-includes/class-wp-fatal-error-handler.php(233): wp_die(Object(WP_Error), ”, Array) #3 /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-includes/class-wp-fatal-error-handler.php(152): WP_Fatal_Error_Handler->display_default_error_template(Array, false) #4 /home/xs877359/実際のUrlが入ります.com/public_html/wp-includes/class-wp-fatal-error-handler.php(57): WP_Fatal_Error_Handler->display_error_template(Array, false) #5 [internal function]: WP_Fatal_Error_Handler->handle() #6 {main} thrown in /home/xs877359/ここにURLが入ります.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 1412

実際の画面


このように表示された場合の対処法を紹介します。

結論から話すと、下記の通りに実施してみましょう。
※まずは必ずバックアップを取ってください。

  1. バージョンアップ前の状態へ戻す
  2. WordPress本体など自動で更新するのを止める
  3. WordPress本体をバージョン「5.7」に戻す
  4. PHPのバージョンを7.2に戻す

それでは1つずつ確認していきましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_fix_server_vars() と表示された時の対処法

【解決】Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_fix_server_vars() と表示された時の対処法
まずは1つずつ確認して、解決できるかどうか見ていきましょう。

バージョンアップ前の状態へ戻す

まずは正常に表示されていた時の状態に戻してみましょう。下記のサイトが役立ちます。

バージョンアップ前の状態へ戻す

1週間以内であれば前の状態に戻すことができるので、正常に表示されていたと思われる日付に戻してみましょう。

WordPress本体など自動で更新するのを止める

自動更新することで、WordPress本体とプラグインなどが干渉してしまいエラーが起こるとといった具合です。

なので、ひとまず自動更新を止めてみましょう。

【知らないと後悔】WordPressの自動アップデートを切り替える方法【1クリックで解決】

WordPress本体をバージョン「5.7」に戻す

もし、更新したことによって不具合が発生しているのであれば、バージョンをダウングレードしてみましょう。

バージョンを下げることによって、正しく表示されるようになります。

【5分で解決】WordPressのVerを5.8→5.7へとダウングレードする方法を紹介【プラグイン無し】

PHPのバージョンを7.2に戻す

上記で正しく表示されなかった場合は、PHPのバージョンも変更してみましょう。

PHPバージョンを変更する

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_fix_server_vars() と表示される原因

おそらく、WordPress本体、プラグイン、PHPのどれかが自動アップデートによって干渉を起こし、うまく表示されなくなった可能性が高いです。

1つ1つ原因を確認しながら対処することによって解決できるかもしれません。

また起こる時期として、それぞれがアップデートのタイミングが重なったりすることによって起こりやすいとされています。

この記事がイイなと思ったらシェアお願いします\(^^)/

合わせて読みたい記事

人気記事【無料サポート付】サーバー開設からWordPressの始め方をサポート