かんろぐ Written by kan

【2021年最新版】WEBライティングにおすすめな本【学習方法も公開】

BLOG SEO

人気記事【無料サポート付】サーバー開設からWordPressの始め方をサポート


WEBライティングがうまくなりたい人

「ライティングのおすすめの本を知りたい。さらに最短で学ぶ方法を知りたい。おすすめの学習方法を教えてほしい」

本記事はこういった悩みを解決します。

本記事の内容

  1. 【2021年最新】ライティングにおすすめな本
  2. ライティングにおすすめ学習方法を紹介【即アウトプット】
  3. ライティングを学ぶと未来が明るい話【おすすめ】

すぐに学びたい人向け

【2021年最新】ライティングにおすすめな本
最新版とは言いつつも、古い書籍も混じっています。
なぜなら、世の中に出回っている最新本よりも圧倒的にクオリティが高く、学べるからです。

だからこそベストセラーとしていまも、愛され続けています。

ライティングは将来性が高いので学ぶ価値があります。文章がうまくなると、わりと無敵になれる気がします。

さらに世の中の社会人は、毎日平均5分程度の学習時間しか取っていません。この差の積み重ねで未来が変わっていくので、今日から始めてみましょう\(^^)/

【2021年最新】WEBライティングにおすすめな本

【2021年最新版】WEBライティングにおすすめな本【学習方法も公開】

文章術のベストセラー

まずは基礎から学んでみたいなぁ」という方向け。

2021年に出版された本となっており、最新版でありながらすでにベストセラー化している本です。
たったこの本1冊で、WEBライティングの基本中の基本を学ぶことができる良書。

文章がうまくなりたいのであれば、テクニック系よりこういった基礎知識から学ぶことをおすすめします。

10倍売る人の文章術

ブロガーやマーケターの世界では有名な本です。

うさんくさい文章と、表紙タイトルですが、ベストセラーなだけあって、中身の質はめちゃくちゃ高いです。

怠け者がリッチになる方法
ほとんどの人は日々の暮らしに精一杯で、お金儲けの余裕などありません。
私はよく働いたものです。一日十八時間。休日はなし。
でも大儲けするようになったのは、働く時間を減らしてからです。それも大幅に。
たとえば、この宣伝文を書くのに約二時間かかりました。運がよければ私は、それで五万ドル(約五百五十万円)、いや十万ドル(約千百万円)稼げるはずです。

有名なセールスコピーです。
全米NO.1のセールスライターの文章術をたった1500円で学ばないのはモッタイないので、すぐにポチっておきましょう。

10倍売れるWebコピーライティング

有名なバズ部が出版した本。
WEB制作、デザイン、ブログをやっている人なら持っておくべき1冊。
こちらもうさんくさい文章と、やや古さのある表紙タイトルですが、圧倒的良書です。

LP(ランディングページ:縦長の1枚ページ)について学びたいのであれば、この一冊で十分というレベル。

人を操る禁断の文章術

日常から仕事でも文章を使うことが多い」といった方向け。

仕事や個人LINEなど、日常でも使える文章術を用途別に紹介している本です。

著者もDaiGoさんなので、信頼感抜群です。
非常に読みやすく作られているので、日常から仕事で文章を頻繁に利用する方はこの本をおすすめします。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

文章を書くのに苦手意識がある人におすすめ。ブロガーでもある»マナブさんがおすすめしている本。

また、著者の古賀史健さんはベストセラーになった、嫌われる勇気も出版しています。

文章を書くという考え方を根本から変えてくれ、本質的な部分に注目している本です。

毎日読みたい365日の広告コピー

広告コピーをまとめた本です。

広告コピーとは、商品や企業の魅力を伝えるためのキャッチコピーみたいなものです。

有名なコピーライティング

「名前は、親が子供に送る、はじめての手紙なのかもしれない。」(パイロット コーポレーション)
「今日ドキドキしない人は、来月もドキドキしない人です。」(ロッテ )
「見事なサクラであればあるほど、長い冬の時間、耐えてきたことを思うのでした。」(東海旅客鉄道)

紹介されています

【日テレ「シューイチ」(7/26)にて、カズレーザーさん推しの1冊として紹介されました! 】

こういった本を読んだあとに、電車内の広告など見ると面白いですよ。

セールスライティングやコピーライティングがよく分からないカモ、、という方は、»WordPressブログで身に付く3つのスキルと、手順を解説【スキルゼロでも問題なし】も合わせて読むと理解が深まるハズ。

ライティングにおすすめ学習方法を紹介【即アウトプット】

ライティングにおすすめ学習方法を紹介【即アウトプット】
本を読んだら、実際に文章を作ってみるのがおすすめ。

一旦、写経するのもアリです。


上記の通りでして、過去の自分は写経しました。
プログラミングやデザインも同じでして、インプットしただけでは意味がありません。

  • プログラミング→実際にコード書く
  • デザイン→ゼロからデザインしてみる
  • 文章→実際にSNSで呟いたり、ブログで記事にしてみる

実際に、手を動かしていきましょう。

何から書けばいいのか

書くネタはたくさんあります。時事ネタ、本のレビュー、トレンドなどなど。
それらをSNSだったりブログで書いていけば良いと思います。»ブログ1記事目は何を書けばいいの?【結論:書きたいことを書こう】

Twitterで140文字ギリギリでツイート

いまならTwitterがおすすめでして、気軽に練習することができます。また、文字数制限のある140文字ギリギリでツイートするのがおすすめ。

書き方としてはPREP法が一番イイ

ちょっとしたテクニックでして、「①:結論②:理由③:具体例④:結論」の流れで作ると読みやすい文章が出来上がります。

  1. P=Point(結論)
  2. R=Reason(理由)
  3. E=Example(具体例)
  4. P=Point(結論を再主張)

上記のアルファベットの頭文字から、PREP法と呼ばれます。

PREP法で書くメリットは下記の通りです。

  • 説得力が増す
  • 構成を作りやすい
  • 簡潔に伝えることができる

実際のツイート

(結論)
最初の頃のコーディングはパーフェクトにこだわらなくて大丈夫です。
(理由)
理由は単純で、難易度が高いから。
(具体例)
なのでたくさんのプロパティを覚えたあと、サイト全体の設計へ進む。レイアウトをもっとこだわりたいと思ったタイミングで目指せばオッケーです。
(結論をもう一度)
まずは、コーディングの数をこなす事が大事

上記の通りでして、一度分解してみると作りやすいかもです。

ブログで1000~2000文字の記事を作ってみる

ブログは文章の構成から細かい文字組まで学べるので、おすすめです。
»【入門】WordPressでブログを始める事をおすすめする理由5選【デメリットも紹介】

たった30分もあればブログを始めることができるので、やらない手はないです。»WordPressブログの始め方を見てみる

Amazonのレビューは学びの宝庫

実際のレビュー


ライティングセンスのある人が多すぎです。笑
導入分の文章はお手本になるものばかりなので、こういったレビューを観察しておくのも成長します。»AirPods Proのレビューを見てみる

残念ながら、最短で学ぶ方法はナシです

ありがちな悩みとして「文章がうまくなりたいので、最短で学ぶ方法を知りたい」などなど。

日本の学校てそもそも文章の講義がほとんど無いですよね。
なので、自分で徐々に学ぶのが一番です。

  • ブログで1記事作ってみる
  • サムネイルやバナーに文章を入れてみる
  • Twitterで140文字ギリギリまで書いてツイートする

上記の通りで、実践がいちばん学べます。
すぐアウトプットして手を動かしていきましょう。

手が止まることはありますが、3ヶ月も経てば慣れていきます。

まとめ:ライティングを学ぶと未来が明るい話【おすすめ】

まとめ:ライティングを学ぶと未来が明るい話【おすすめ】
WEBライティングの将来性は高いです。

利用する場面

  • 会社の資料や営業先へのメール
  • フリーランスの営業 / 提案文
  • 商品を売る場合のキャッチコピー
  • WEBライターやブロガー
  • ランディングページ案件(1枚で30万円も可能)

ライティングで実績が作れると、WEBライターやマーケティング会社へ転職も可能です。SEOの知識もあれば、コンテンツSEOに特化したコンサルティング会社にも通用するハズ。

また、Twitterのインフルエンサーの方々は文章が上手ですよね。

上記の通りでして、ライティングは将来性がかなり高いので学ぶ価値があります。

繰り返しになりますが、文章がうまくなると、無敵になれます。

世の中の社会人は、毎日平均5分程度の学習時間しか取っていないので、どんどん差を付けて未来を明るくしましょう\(^^)/

この記事がイイなと思ったらシェアお願いします\(^^)/

合わせて読みたい記事

人気記事【無料サポート付】サーバー開設からWordPressの始め方をサポート